2009年08月19日

黒ツグミが独り立ちした日

ストラスブールのあるアルザス地方(L'Alsace)は戦争のためにドイツに占領されたりフランスに戻ったり、幾度もの戦いの舞台になったのですが、そのために軍事拠点としての立派な要塞が作られ、それが今でも残っていて樹木が植えられ「要塞公園」(Parc de la Citadelle)と呼ばれれて市民に親しまれています。

この要塞はルイ14世に仕えた軍人建設技術者ヴォーバン(Seigneur de Vauban)
が五角形の星形に設計したもので、北海道の五稜郭はこのスタイルを真似たと言われています。今でもその星型の2つ角が完全な形で残っていますが、ほかの部分はあまり確かではないのですが、度重なる戦争など長い年月によって失われてしまったと思われます。
IMG_0619.JPG

その公園の中にある美しい流れに沿った小径を人々が犬や子供と一緒にいつも散歩しています。
私たちはこの公園を「私の庭」と呼んでいました。というのも公園を見下ろす建物の12階に住んでいていたからです。

ある日曜日いつものように子供たちと公園を散歩していると、高い木から何かが突然落ちてきました。よく見るとそれは木の上の鳥の巣から落ちてきた小鳥の赤ちゃんだったのです。さあ大変、娘たちはおおさわぎをして家に連れて帰りました。いったい何を食べさせたらいいか分かりません。とにかくソーセージをうどんのようにして与えると食べてくれました。それからはミミズさがしの毎日。ついに近くの乗馬場の馬糞の中にミミズがたくさんいることを発見。大きな生きたミミズは赤ちゃんにとっては大変なことで、のみこんではまたミミズが這い出してくる、それをまたのみこむ、そしてやっとのみこんでしまうと、すやすやと寝てしまうというような毎日でした。

その赤ちゃん鳥には娘たち二人の名前一字づつとってをとって「フサ」と名付けました。

娘たちを親と思ったのか、とてもなついて、それからあっというまに大きくなります。
最初は薄茶色だったフサは真っ黒になり、あっというまにへやのなかで少しだけ飛べるようになったのです。

フサのように巣から落とされた鳥は珍しくないらしく、たいていは死んでしまうのだそうです。

春先のレンギョウ(Forsythia)の咲く頃は公園の川の中で水鳥の親子が列を作って泳いでいます。白鳥もつがいで泳いでいます。そんなのどかな景色がこの公園では普通に見られるのです。木々はまだ葉をつけておらず、つぼみが先のほうに膨らんでいるくらいです。北海道のように一度に春の訪れを身近に迎えたある日、子供たちが見ている中、フサはばたばたと羽を動かし始めました(フサはクロツグミmerleでした)。
TJ8.jpg

飛べるか飛べないかという状態でしたが、ある日その小鳥はレースのかかったフランス窓から自分の力で一気に飛び降りていなくなってしまったのです。

それっきり、でした。

子供たちは長い間、公園に行くたびにいなくなったフサを探して、ミミズをさがすクロツグミを見るたびに声を掛けたのです。

フサは無事に子孫を残したのかな?それは私と娘たちの希望です。

この公園はいつも私たちの生活ともにあり、素晴らしい思い出の大事な舞台としていまもよく思い出します。
posted by ようこ先生 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。